初めまして
スイス生活16年、、。そろそろ肉ばかりの生活も耐えられなくなり、美味しいお魚が食べたい、、。でもフライパンやオーブンで調理すると換気扇をつけても家の中が半端なく臭うし(スイス人は魚の匂いにうるさい、下手すると隣人が文句を言いにくるレベル)お魚の身もパサパサするし。。。という事で意を決して日本から手荷物で持ち帰りました!今やほぼ毎日活躍する自慢の電化製品となっております!!
IMG_0963

持ち帰り方法について
羽田国際空港 に立つ前の日、新橋の電気屋さんでけむらん亭を購入。
スーツケースになんて入れたら絶対壊れるので、手荷物サイズにするべくホテルで箱を取って大きめのリュックにそのまま突っ込みました。重さも8キロ以内だし大丈夫!!新品という事がばれると税関で何か言われるかも?とドキドキして中の遠赤外線を保護している発泡スチロールまで取り除きましたがそれは大失敗。。持ち帰って開けてみると遠赤外線の端っこが少し欠けてしまっていましたが、なんとか使えています。。

フライトの乗り換えはフランクフルトでした。フランクフルトの手荷物検査は厳しいと有名だしドキドキしていましたが、やっぱり中身チェックと言われ。。。でも素直に開けて「日本の魚焼き機」と無邪気な笑顔を作って言うとすんなり・・。「炊飯器はよくあるけどフィッシュロースターは珍しいね」と税関の方に笑って言われました。でも製品の構造上中に液体のようなものが入っているそうですので、税関員によっては没収されるおそれも無きにしも非ずだと思いますので、ここは要注意です。

変圧器について
さて、ヨーロッパでは日本の電化製品はそのまま使えません。またこのような熱電力が高い電気製品の場合は変圧機もそれなりのものを購入しなければなりません。日本から持って帰ると10キロくらいの変圧器になってしまうので、変圧器はAmazon.deで購入しました。180ユーロくらいだったかな。。今はAmazon.deでは取り扱っていないようですが、Bronsonというメーカーのもののようです。2000wまで対応していますので安心です。これは前回持ち帰ったホットプレートBrunoの時に合わせて買ったものです。

Bronson AVT 2000 Watt 110 Volt USA Spannungswandler Transformator 110V 2000W

L2TFn1ghSFKB%usupB6mdg

KHsJL+qAR0SBvcF3SXF+Vg


レシピ第一号「クロダイの姿焼き」
記念すべき最初のレシピは黒鯛の塩焼き!!
スイスではどんな魚も港から持ってくるのに時間がかかる+魚の処理方法がわかってないので、古くてまずいか臭いんですが、黒鯛や鮭は比較的普通のクオリティーものが手に入ります。
こちらを塩でまぶしてキッチンペーパーで包み、その上からサランラップをぴっちり巻き込んで、半日以上置くと余分な塩や臭みが抜けます。切り込みを入れて化粧塩をして、「姿焼きコース」で焼きます。 日本で食べているみたいな絶品なふわふわな身の美味しい鯛の塩焼きが出来上がりました!! 

IMG_0960
IMG_0958
IMG_0987


これからこのけむらん亭を使ったレシピを色々とアップしていきますのでよろしくお願いいたします。